日々のあれこれ(masavagoのブログ)

日々のあれこれ思いつくまま画像,自作動画等を添えてお伝えしたいです。 北海道、札幌 地域の情報 日々の暮らし、読書、映画、音楽、 中高年になって始めたタップダンスやその他の趣味など

映画

映画 [TAP] グレゴリーハインズ

今年になってから映画館で見た映画は、

グレイティストショーマン  ミュージカル映画です。話題になりました。楽しめました、でも去年見た[ラ ラ ランド]がすごく良かったなぁ。。

映画館で見るとやっぱり良いですね。音も映像も迫力あり。

51g5rCtjSDL
最近ではレンタルDVD

ずっと見てなかった、グレゴりーハインズの[TAP]1989年
このDVDは古いのでなかなかありません。今回は、ゲオの宅配レンタルで見つけて借りました。
今は亡きグレゴリーハインズですが、好きなタップダンサーです。音楽もこの時代って感じでした。サミーディビスJr,やセヴィアンクローバーの少年時代のタップも見られます。
やっぱりタップダンスですね
ということで、私も3月からタップダンスレッスン再開。久々やると身も心も疲労困憊。帰ってきてから次の日まで筋肉痛やら、体のコリやら。。2か月ほどでようやく慣れました。気候もよくなってきましたしね。

映画 キセキ ~あの日のソビトー~


GReeeeNの物語   青春映画   みんな歯科医にもちゃんとなれて良かった
昨日 今年初めての映画観賞出来ました。イオンシネマ 
音楽って素晴らしい力をもっていると思う。 楽しめました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

君の名は   ぴったりのタイトル

kiminonaha-thumb-autox423-44431ようやく見て来られました。
ユナイテッドシネマ札幌です。なんでこのタイトルなのか、、昔のドラマみたい、、でも、なるほど、このタイトルでぴったりでした。映像がきれいで、音もよく、ストーリーの展開もおもしろい。そして泣ける。

今年はレンタルDVDでもBSでも映画を全然見ない年でしたが、12月に二回映画館で見られてしあわせです。この映画はリピーターもたくさんいて、中高年にも人気だとか。冬休み前の空いてる時期に見られて良かったです。

来年はもっと、映画館に行けたらと思います。
私のささやかな趣味のひとつです。

☆☆ 彗星☆が映画に出てくるのですが。今年、私は関東でたくさんの流れ星を見ました。結構な街並みですが、雲一つなくて深夜 あたりも暗く、見えたんです。たくさんの流れ星を一度に見たのは、はじめてでした。
にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へIMG_0516




惚け? オケ老人!  シネマ 杏ちゃん

IMG_0017
   撮影 nakachan
先週、関東で超久々映画見て来ましたま。イオンシネマです。平日午後。空いてます。どれしようか、君の名は、、か ま迷って 桶?  いえ 《オケ老人!》→公式サイト にしました。杏ちゃん良かったです。始終笑い声が、、聞こえます。ちょっとウルルンとする場面も。さえない市民老人オケが、努力と笑いと 惚け  ボケとつっこみで、09408568すばらしいオーケストラに変身。

のだめカンタービレにも似ていて あれほど華やかではありませんが、楽しめました。笑えました、カンドーしました。うれしかったです。見た後すっきり!気分爽快。ふたごの赤ちゃんがいるお母さんと思えません杏ちゃん。
魅力的な女性と思います。スタイルルは文句なし。演技力あると思うし、ドラマや映画ではほんとにそのままな自然さ、ナチュラル。まるでその人(主人公)そのままに、演技できるというか、  割とバラエティにも向いていそうな感じです。ですが、トーク番組で見かけると、冷静で語りすぎず、的を得た発言です。クール&ビューティー&クレーバー&ヒューマン・・・
IMG_0030さて今年はまだ映画館で映画見られるでしょうか。年の瀬がせまっています。
外の水道の蛇口も凍りかける このところの札幌、、にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ

愛を積むひと  試写会  

YOSAKOI ソーラン祭り2015 も始まりました。本日は気持ちの良い晴天、風がやや強いですがさわやかな札幌です。地下鉄ホームでも、衣装を着た踊り子を見かけます。
2005月20日より公開の、  愛を積むひと  の試写会がめでたく当たり、昨日友だちと二人で見に行きました。ほんのりとした、優しさがあふれる映画でした。
樋口可南子、、、どうもソフトバンクのCMのイメージが、、、
佐藤浩市、、、若い頃より、中年以降いい感じになってきたと思います。

東京から、仕事もすべて精算し、奥さんの希望で、北海道美瑛の自然豊かな土地へ引っ越してきた熟年夫婦。
ほんとに夫婦二人の静かな水入らずの生活です。
そこで、地元の人々との繋がりもでき、、、、、以下省略

一緒に行った友達とは長いつきあいですが、、久々に会って試写会の前にお茶しておしゃべり、、色々お話がたまっていました。
彼女はこれから時間が自由に使えるようになるので、また会う機会もあると思うし、お互い楽しく過ごせたらと思います。

映画は、しみじみと、感動する良い映画でした。こんな熟年夫婦  仲が良くてうらやましいですね。愛は積めるか解りませんが、これから、徳を積んで、最期へ向かい、そろそろ自分もエンディングを考えなければ、、って早いですか?
 
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

映画 遠き落日  北海道立文学館 中島公園

IMG_0414
中島公園  北海道立文学館テラス 喫茶コーナーでもありますが和qたなべ淳一西向きで、展示室へと繋がっています。
この日は、渡辺淳一没後一年を記念しての特別展示と渡辺淳一原作の映画「遠き落日」新藤兼人脚色、神山征二郎が監督)上映・・・がありました。整理券二名分で見られました。西側はすぐ中嶋公園に面していて晴天の青空が広がっていました。この文学館へは行くのは初めてでしたがそばを良く通ります。北海道ゆかりの作家の展示物、紹介がされていて静かで雰囲気が良かったです。読みたい小説がまた見つかりました。
文学館中
遠き落日・・遠き落日・・・
野口英世、、、貧しい家庭に生まれ、左手にヤケド、、と苦労の多い人生で、努力家で偉大な細菌研究者、、として昔から知られています。しかし、小説も、映画も、また違った面も描かれています。こういった機会もないと見なかったと思います。1992年の作品。・・この映画を亡き母に捧げる・・・で始まりますので、親子愛、、母の偉大さを 故新藤兼人監督は表現したかったのでしょうね。泣ける部分と、人間野口英世としての知られざる魅力や、奔放さも解る作品でした。見た人は野口英世のイメージがだいぶ変わると思います。

エンディングテーマは、和田アキ子、、なんか懐かしい曲、歌声、、でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

イントゥ・ザ・ウッズ  ディズニー映画

ファクトリー
          札幌ファクトリー煙突広場を眺められる、カフェで、、、
気温が下がったり、強風が続いたり、春のこの時期は落ち着かない天候ですね。

先日ユナイテッド・シネマ札幌  札幌ファクトリー1条館 にて、見てきましたイントゥ・ザ・ウッズ 。
会員の私は、一回無料、その上4月いっぱいまでに使える1000円券一人分有りで、この日は娘とデートです。最近いろんな人とデートしてます。私一人なら、バードマンだったと思います。
ディズニー映画はアナ雪を見てから気に入り、今回のこのチョイスとなりました。
元々は、ブロードウェイミュージカルだったんですね。知りませんでした。
いくつかの童話をミックスさせて、解釈や内容が現代風にアレンジされています。
大人の童話、、といった感じ。やっぱり映画館で見ると音も映像も迫力あってと良いですね。
皆さん、歌もお上手でした。。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

クリムト DVD

たこ岩
たこ岩 撮影 nakachan
クリムト デラックス版 【DVD】

クリムト デラックス版 【DVD】
価格:4,263円(税込、送料別)

ゴッホ、モディリアーニに
続いて見た画家のDVDはクリムト(制作オーストリア フランス ドイツ イギリス )2006年 でした。コレも貸してもらいました。クリムトの絵の本物は一度だけ近代美術館で見たことがあります。クリムト・・・好きな人結構居るんじゃないでしょうか。女性の表情 描き方、官能的な、背景、金粉を使う、、など他には見かけない描き方ですね。→ダスタフ・クリムトWikipedia
映画の感想は書きようがなく書かないつもりでしたが、ストーリーをこちら→
クリムト  Movie Walke  で確認と、あ、そうだったのか、、と分かって来て、ただの伝記映画としてではなく凝った作りの映画だったんだ、、、と改めて分かりました。
映画を見るまでクリムトについては、実家が彫金師、だったくらいしか知りませんでした
.

良く見直すと、1900年 当時の保守的であったウィーンの雰囲気も分かります。クリムトちょうど今年になってからパプスブルク家関連の本を冊か読んでいましたが、パプスブルグ家も終焉を迎える頃です。世紀末的なウィーンです。この頃のウィーンの芸術にも興味を持ったところでした。退廃的、終末的な感じのする。。。画家が集まるパリにクリムトは行くことはありませんでしたが、パリでは彼の絵は絶賛されウィーンでは当時は白眼視されてかもしれません。でも自分の芸術を貫く人でゴッホやモディリアーニと比べたら、早くから才能を認められ成功した人だったと思います。愛人や子どもはたくさん居ますが、正式な結婚はせず55才の若さでこの世を去りました。
解説を見るまで、良く映画の内容が分かりませんでしたが、なるほど、、個性的な作品が生まれた背景がちょっとは分かるかな。。ってところです。

ちょうどど図書館に一冊だけクリムトの本があったので借りました。画家、絵画ってそれだけではなく、宗教や、音楽や哲学 文学にもつながり影響し合うものなんですね。だから精神、思想、人間の神秘、生と死、宗教なども内面に現れている、、と言うことのようです、、本を読みますとですが。

パリとウィーンなら私は行けるとしたらウィーンに行きたいですね。クリムトの壁画や、室内装飾も見られる、そして音楽家を数多く輩出したウィーンへ。。。。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

炎の人 ゴッホ &モディリアーニ  DVD

6
                         撮影 nakachan
絵を見るのは好きですが特にその方面に詳しいわけではありません。だいぶ前にBSで画家の特集をやっていたことがあり、何人かの画家の生涯、作品について解説を含めたのを見たことがあります。その中でとても印象に残ったのが、ゴッホでした。それから→ゴッホの星月夜 他がとても好きになりました。その時に弟テオとの手紙、書簡集や、生涯についての本も読みました。書簡集良かったですよ。いつか映画も見たいと思っていたところでした。

久々にレンタルDVD2枚 知り合いから回してもらいました。

★炎の人ゴッホ (1956/米)
何回かの転職、挫折、失恋、一途で、情熱的、精神疾患で入院したり、、、、、
絵を本格的に描き始めたのは遅かったですが、なかなか認められず苦労が多い生涯だったと思います『孤高の天才画家』『情熱の画家』などと言われています。弟テオの援助で絵を描いていましたが、最期は銃で自殺 テオに看取られて悲しい最期です。映画ではそこで終わっていますが、その自殺についてもいろいろ謎めいてますし、テオもその半年後に亡くなっています。
後に認められるようになって良かったですが、、36年の苦しい人生だったかも、、、でも10年の間に弟テオの愛と理解で すごくたくさんの絵を書けたことは良かった事かもしれません。

モディリアーニ 真実の愛(2004)
これは見る前から泣ける映画だと思っていましたがその通りでした。モディリアーニの絵、短い人生、奥さんが後追い自殺した、、等はよく知られています。映画ではキャストにイタリア人らしいハンサム男、ジャンヌ役の女性も絵のイメージにあった綺麗な人でした。自身も絵を学んでいた画学生であって、控えめでひたむきな恋人という感じでした。
ピカソやユトリロ、、画家も登場し、当時のパリの芸術家たちの雰囲気も味わえます。
映画はドラマとして演出もあったかと思いますが、見て良かった映画、泣ける映画でした。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


ヴァチカン美術館4K3D 天国への入口

033

撮影nakachan
ようやく暴風雪もおさまった札幌ですが、北海道、北日本ではまだ続きそうですね。早く穏やかな気候になって欲しいです。

久々映画館へ行ってきました。今回は、まだ3D映画見たことない・・・と言う人を誘ってチョイスした映画は
ヴァチカン美術館4K3D 天国への入口



バチカン、、行く機会もないと思うし、、3Dでどんなかなと思いこれにしました。
古代ローマ時代の彫刻、中世ヨーロッパの絵画など、、
私は彫刻はそんなに分かりませんが、3Dでとても立体的に見えました。彫刻も絵画もすごく表情豊かでした。
この美術館自体がすばらしいです。

礼拝堂の天井、壁に描かれたフラスコ画もすてきでした。やっぱり3Dですので絵画もとても立体的に見えます。4Kですから映像も綺麗と思います。
ミケランジェロ、ラファエロ、、ダ・ヴィンチ、、と普段はお目にかかれない作品ばかりです。
ゴッホ、シャガール、ダリ、フォンターナら近現代の芸術家の作品も見られます。
絵画だったらできれば実際に目の前で見るのが一番でしょうが、バチカンまではまず行けそうにないので、
今回このように見られて良かったです。
ストーリーがあるわけではありませんが、ヴァチカン・ミュージアム館長のアントニオ・パオルッチ教授が丁寧に時代を追ってお話 説明しています。
音楽、音も迫力ありました。

ちょうど今年になってから ルネッサンス、中世ヨーロッパの本(マリー・アンワネット~パプスブルグ家関連)を読んでいますので、またいっそう興味深く見ることができました。宗教とも深く関わっています。
こういうのはやはり劇場で見ませんとね。(DVDでは伝わりません)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

masa 

メッセージ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ