日々のあれこれ(masavagoのブログ)

日々のあれこれ思いつくまま画像,自作動画等を添えてお伝えしたいです。 北海道、札幌 地域の情報 日々の暮らし、読書、映画、音楽、 中高年になって始めたタップダンスやその他の趣味など

趣味・教養

棋士 見る将棋  AI越えの手

窯トラ
昨日は父の日でした。すっかり忘れてました。娘が釜虎 宅配御膳デリバリー頼んでくれました。夕食準備しなくても良いので感謝!!これは、かにいくら釜飯。 

一昨年10月にプロデビューした藤井聡太七段  ー当時から注目していました。
将棋は少ししか知らなくて、自分では指しません。ですが、この将棋ブームで私も目覚め、、見るだけデモ将棋を楽しむ いわゆる 見る将』 と化しました。
当時14歳でスゴイと思いましたし、一途で純粋、ひたむき、努力家、誠実、負けず嫌い、謙虚、、、、挙げればきりがありません。連勝記録達成するまえから毎日ネット検索で藤井聡太関連ニュースを見ていました。
昨年はAbema TVニコニコ生放送の将棋中継も見ていました。そのうち色んな棋士についても調べて大分将棋界が分かるようになりました。厳しいですよ、将棋の世界。また、ネットでできる詰将棋 詰パラ というアプリをipadminiに入れてやったり、、、なかなか進みませんが  ブームにのってました。
今は、時間がなくて詰将棋もできていませんし、中継は見ずに、結果を検索、
日本将棋連盟  の公式サイトチェックしたりですね。私が応援しようとしまいが、彼はどんどん強くなって行って成長してます。・・・というか強すぎて、もう 応援も何も、、新記録ずくめで超人的ですね。
最近の様子  ニュース動画

こちらもど~ぞ インタビュー↓
桑子が聞く! 藤井聡太 七段 その素顔は - 特集ダイジェスト - ニュースウオッチ9 -

最近  神の一手、、AI越えの手(人間の方がAIより深く読める)をさしてまた話題になりました。ほんとすごいです。インタビューにも冷静に答えてます。

実は私は数いる棋士の中ですごく応援している方がいて、みなさん個性的ですがそのなかでも、その棋士さんは藤井聡太七段と3回対戦したことがあり、同じく東海地区の若手。
将棋は「頭脳の格闘技」と言っていた、スリムクールで、話すと独特のユーモアがあり、プロレス好き
 という棋士です。私のタイプ!?ですね。 。

将棋の世界では、すごく悔しくても「負けました、ありがとうございました」と礼儀正しく言って、その後感想戦というのをしてお互いをたたえ、勝負の反省点などを振り返ります。こういったことは他の勝負事ではないんじゃないでしょうか。
棋戦により持ち時間は異なりますが、何時間にもわたる勝負は心身とも疲弊すると思います。重労働ですよ。
以前 ニコニコ生放送の  藤井(当時四段)vs深浦九段の対戦 叡王戦本戦2017/12/23(土)を見ていましたが、その時に思いがけなく逆転負けをした藤井七段は、がっくりとうなだれて、もう今にも泣きそう、、見ていて辛くなるっていう場面がありました。場の雰囲気がシ~ンとなる。他の見ているファンも同じく感じたようで、ニコ動の書き込みなどもそうでした。その後も頑張ってインタビューを受けてました。いつもどんな時でも注目ばかりされて気の毒な感じです。

同じく私の応援している棋士が先月おしいところ、タイトル挑戦までにもうちょっとというところで負けた時に、いつもはクールなんだけれどもその時は無言、、、が少しの間あり、失意の模様が伝わりました。私もなんだか残念で気持ちも憂鬱に。。スポーツ選手を応援したことはないですが、棋士は応援したくなります。詰将棋ももちょっとできるようになりたいです。

ほう れん そう かく

yosakoi
YOSAKOI ソーラン祭り 2018  6月10日  大通り公園 PM4:00

よく聞く、ほう れん そう
みなさんは知ってると思いますが、ビジネスマナーでよく使われるコトバです。報告  連絡 相談
 まとめて ほうれんそう (報連相)
とあるところで、、ちょっとしたマナー講座みたいなのを受けることができました。一時間でしたので簡潔にまとめて、そして実験?や、ゲームのようなこともして楽しめました。
ビジネスのみではなく、これはいろいろな場面で必要となると思います。

実は、これに似たことを今家庭で実践してるところでした。
それで思ったのですが、うちは  かく  確認  です。これも付け加えるといいかなと思いました。というのは相談したあとにもう一回確認しないと、理解できていなかったり、撤回されたり、色々。トシなので、確認はあらゆるところで増えますね。
でも家庭内でイチイチ報告!? ・・そんなこと・・言わなくても分かってるでしょ、、、では、会話も減り、勝手な思い込みが生まれて、意志が通じていなかったり、思い違い、勘違い行動をしてしまうのです。反省、、

あと このマナー講座でとても参考になったことは、エチケットに関することですが
人と接するときの態度、
怒った顔や無表情で人の話を聞くと、相手が委縮したり困惑する。笑顔で接すれば心も開きやすくなり、話しやすくなって、場も和むというものです.納得 納得  

それから、、初対面の場合
第一印象が決まるまでの時間は3~5秒なのだそうです。
そしてそれを決める3つの要素 情報は
55パーセントは①視覚情報で決まる、、(身だしなみ、表情、態度、しぐさ 視線)
それに続くものは,②聴覚情報  (声のトーン、大きさ、速さ、口調)
3つ目は、③言語情報、、、(話の内容)
なのだそうです。
お見合いなんかだと、緊張しますね第一印象。
話はずれますが、ネットのみのやり取りですと文字情報のみとなりますね。ツィッター、SNS  etc

今はほうれんそう(報連相)  より  かくれんぼう のほうが、、、という意見もありますよ

参考記事 
「報告・連絡・相談=ほうれんそう」はもう古い? 今の時代は「かく・れん・ぼう」
週刊女性 PRIME [シュージョプライム]

ピエロ  三島由紀夫  

IMG_0018
撮影 nakachan
三島由紀夫の47年前の インタビュー未公開テープ発見 ニュースが流れました。久々に声も聞けました。あの割腹自殺のあった年の2月に録音されたものです。当然もうその準備はされていた時期で、豊饒の海  を書き終えたばかりの時、貴重な記録です。   
::::::::::::
生まれた時に、運命があり、
  生きている間はピエロを演じている  
死んではじめて人間になれるIMG_0771

::::::::::::::::
振り返ってみると、納得、そうか、、では私は現世では、いったい何を、、、私は運命に翻弄される ピエロ  ではなく、踊らされている踊り子なんて思ってみました。ぴったし。。 まさに  ダンサー
人間になれそうな日が刻々と近づいてきたってことでしょうねか。むこうで、立派な人間(ダンサーでも良いですが)になって、三島先生にお会いできる日を楽しみにいたしましょう。他のインタビューもそれまでにないもののようで、そのうち全公開されるのが楽しみです。
☆作品の欠点 について  極端な展開油絵のような   作品より自分の行動のほうが理解されない、と思う等々  写真は 山中湖にある、三島由紀夫文学館 昨年2016年4月12日撮影

とても寒い札幌でした。この日の気分にあったミュージック  私の好きな長谷川きよしさん 曲もこれが一番好きです。詩と、ワルツのメロディ 色彩とノスタルジーを感じさせる曲  ダンサー お聞きください。


にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

君の名は   ぴったりのタイトル

kiminonaha-thumb-autox423-44431ようやく見て来られました。
ユナイテッドシネマ札幌です。なんでこのタイトルなのか、、昔のドラマみたい、、でも、なるほど、このタイトルでぴったりでした。映像がきれいで、音もよく、ストーリーの展開もおもしろい。そして泣ける。

今年はレンタルDVDでもBSでも映画を全然見ない年でしたが、12月に二回映画館で見られてしあわせです。この映画はリピーターもたくさんいて、中高年にも人気だとか。冬休み前の空いてる時期に見られて良かったです。

来年はもっと、映画館に行けたらと思います。
私のささやかな趣味のひとつです。

☆☆ 彗星☆が映画に出てくるのですが。今年、私は関東でたくさんの流れ星を見ました。結構な街並みですが、雲一つなくて深夜 あたりも暗く、見えたんです。たくさんの流れ星を一度に見たのは、はじめてでした。
にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へIMG_0516




ソ〜ウ。うそ‼️、そう 漱石


IMG_1001
スキです好きです漱石
あんまり読んでなかったそう踪跡 まちがった、そうせきですが、NHKで、「漱石の妻」見てから、たいそう好きなりました。
 見てたら同じような人いる。
ドラマは物凄く面白い。役者さんも好きな人ばかり。。
よっしゃー  今度は踪跡  そうせきでいく。だけれど、、
が、but  読み始めるには えらい時間が、、、ねこつながり、、 

 まったくウ   ミニ【iPad】が使いこなせず、苦戦しております。笑泣
 
猫と漱石と悪妻 (中公文庫 う 29-4)
植松 三十里                
漱石の妻 (講談社文庫)
鳥越 碧
講談社
2013-06-14

中央公論新社
2016-08-19

三島由紀夫 ふたたび

2アークアクアリウム
暑い日が続いています。。
c三島由紀夫の世界(新潮文庫)
村松 剛
新潮社
2016-06-17

今年初め頃、図書館で偶然
三島由紀夫の世界 (新潮文庫) 文庫 – 1996/10

Esprit (エスプリ) ギターとヴァイオリンのデュオ 

Esprit Web ギターとヴァイオリンのデュオ →- Esprit Web ギターとヴァイオリンのデュオ
Starry Starry Night ほしあかりのよる / Esprit プロフィール   
*********************************
さくらレコーズより 2011年12月24日に発売されたEspritとして初めての作品。 北海道の広大な自然の中で録音された。 オリジナル、タンゴ、クラシックの楽曲からヴァイオリン、ギターの呼吸までもが聴こえるような「祈り」をコンセプトにした全12曲からなる作品。

image01 星の名前

02 Ave Maria

03 愛の挨拶

04 Partita I BWV1002 Sarabande Double

05 Cafe 1960

06 Praeludium and Allegro

07 雨、、

08 Sonata Ⅲ BWV 1005 Largo

09 Joy
10 Cavatina

11 Earth

12 Starry Starry Night
********************************


最近聞いている音楽です。あることに許可を得て使わせてもうのですが、、コレがとっても良いです。普段クラシックをそんなに聞きませんが、これをPCに繋げたオーディオから流すと、我が家の居間の雰囲気がまるでステキなサロンのよう~に~、(´∀`)エェッ!?。。。、と、までは,・・・なりませんが 、イイ感じになるのですよ。 今や、ファミレスでもカフェでも、一杯飲み屋でもなんらかのBGMが流れています。ちょっとした音楽があると空気が和らいで良いモノです。以前、ビックバンドを居間で大音量で流したら、家の者に音を止められてしまいました。自分の趣味を人には押しつけられないと言うことですね。でもこのEspritのだったら、、曲も親しみやすく、だれもが自然に聞いて癒される音楽ばかり。静かにかけています。オリジナルとクラシック等が入っていてどれもステキです。10 Cavatina (ギターソロ)も好きな曲ですが、これは元々は映画音楽だそうで、、09 Joy が聞いたことがあってすごく良い曲なんですが、この曲だけ誰のだか、クラシックかポピュラーか解らない??・・・   

☆イチオシの曲 オリジナル曲 星の名前

Esprit Web ギターとヴァイオリンのデュオ →- Esprit Web ギターとヴァイオリンのデュオ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

クリムト DVD

たこ岩
たこ岩 撮影 nakachan
クリムト デラックス版 【DVD】

クリムト デラックス版 【DVD】
価格:4,263円(税込、送料別)

ゴッホ、モディリアーニに
続いて見た画家のDVDはクリムト(制作オーストリア フランス ドイツ イギリス )2006年 でした。コレも貸してもらいました。クリムトの絵の本物は一度だけ近代美術館で見たことがあります。クリムト・・・好きな人結構居るんじゃないでしょうか。女性の表情 描き方、官能的な、背景、金粉を使う、、など他には見かけない描き方ですね。→ダスタフ・クリムトWikipedia
映画の感想は書きようがなく書かないつもりでしたが、ストーリーをこちら→
クリムト  Movie Walke  で確認と、あ、そうだったのか、、と分かって来て、ただの伝記映画としてではなく凝った作りの映画だったんだ、、、と改めて分かりました。
映画を見るまでクリムトについては、実家が彫金師、だったくらいしか知りませんでした
.

良く見直すと、1900年 当時の保守的であったウィーンの雰囲気も分かります。クリムトちょうど今年になってからパプスブルク家関連の本を冊か読んでいましたが、パプスブルグ家も終焉を迎える頃です。世紀末的なウィーンです。この頃のウィーンの芸術にも興味を持ったところでした。退廃的、終末的な感じのする。。。画家が集まるパリにクリムトは行くことはありませんでしたが、パリでは彼の絵は絶賛されウィーンでは当時は白眼視されてかもしれません。でも自分の芸術を貫く人でゴッホやモディリアーニと比べたら、早くから才能を認められ成功した人だったと思います。愛人や子どもはたくさん居ますが、正式な結婚はせず55才の若さでこの世を去りました。
解説を見るまで、良く映画の内容が分かりませんでしたが、なるほど、、個性的な作品が生まれた背景がちょっとは分かるかな。。ってところです。

ちょうどど図書館に一冊だけクリムトの本があったので借りました。画家、絵画ってそれだけではなく、宗教や、音楽や哲学 文学にもつながり影響し合うものなんですね。だから精神、思想、人間の神秘、生と死、宗教なども内面に現れている、、と言うことのようです、、本を読みますとですが。

パリとウィーンなら私は行けるとしたらウィーンに行きたいですね。クリムトの壁画や、室内装飾も見られる、そして音楽家を数多く輩出したウィーンへ。。。。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

炎の人 ゴッホ &モディリアーニ  DVD

6
                         撮影 nakachan
絵を見るのは好きですが特にその方面に詳しいわけではありません。だいぶ前にBSで画家の特集をやっていたことがあり、何人かの画家の生涯、作品について解説を含めたのを見たことがあります。その中でとても印象に残ったのが、ゴッホでした。それから→ゴッホの星月夜 他がとても好きになりました。その時に弟テオとの手紙、書簡集や、生涯についての本も読みました。書簡集良かったですよ。いつか映画も見たいと思っていたところでした。

久々にレンタルDVD2枚 知り合いから回してもらいました。

★炎の人ゴッホ (1956/米)
何回かの転職、挫折、失恋、一途で、情熱的、精神疾患で入院したり、、、、、
絵を本格的に描き始めたのは遅かったですが、なかなか認められず苦労が多い生涯だったと思います『孤高の天才画家』『情熱の画家』などと言われています。弟テオの援助で絵を描いていましたが、最期は銃で自殺 テオに看取られて悲しい最期です。映画ではそこで終わっていますが、その自殺についてもいろいろ謎めいてますし、テオもその半年後に亡くなっています。
後に認められるようになって良かったですが、、36年の苦しい人生だったかも、、、でも10年の間に弟テオの愛と理解で すごくたくさんの絵を書けたことは良かった事かもしれません。

モディリアーニ 真実の愛(2004)
これは見る前から泣ける映画だと思っていましたがその通りでした。モディリアーニの絵、短い人生、奥さんが後追い自殺した、、等はよく知られています。映画ではキャストにイタリア人らしいハンサム男、ジャンヌ役の女性も絵のイメージにあった綺麗な人でした。自身も絵を学んでいた画学生であって、控えめでひたむきな恋人という感じでした。
ピカソやユトリロ、、画家も登場し、当時のパリの芸術家たちの雰囲気も味わえます。
映画はドラマとして演出もあったかと思いますが、見て良かった映画、泣ける映画でした。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


パプスブルク愛の物語

泡沫
                   泡沫  撮影 nakachan

前に書きました→  マリー・アントワネット パプスブルク家  
に続きますが、関連の本を何冊か読みました。マリーアントワネット、、マリア・テレジアから始まり、興味はパプスブルグ家。。何世紀にもわたりヨーロッパ、また植民地などを加えますと、神聖ローマ帝国として一時は世界をも支配していたヨーロッパ有数の権力者の一族であるパプスブルグ家の人々について、、気に入った2冊だけ紹介します。
パプスブルグ家について知りたい方はこちら
ハプスブルク家 - Wikipedia

ハプスブルク愛の物語 王冠に優る恋

ハプスブルク愛の物語 王冠に優る恋
価格:2,376円(税込、送料別)

ハプスブルク愛の物語―王冠に優る恋 ジクリト=マリア グレーシング (著), Sigrid‐Maria Gr¨ossing (原著), 江村 洋 (翻訳)
これは15世紀、マキシミリアン1世から、20世紀初頭の、カール1世までのそれぞれの夫婦、7組の恋物語が描かれています。どれも良かったです。
政略結婚であっても、夫婦仲は良く、子だくさんで幸せに暮らした夫婦も何組もおりますし、有名なマリア・テレジアは初恋の人と結ばれて、子宝(15人)にも恵まれ、明るい家庭だったようです。ありがちな見苦しい身内内での権力争いも少なく、他の国々のように国王、皇帝は愛人を持たない王も多かったです。そういう家風なんです。王妃はマリア・テレジアをはじめ中には政治的手腕が優れていた后もおり、王や若い王子を助け才能を発揮した女性も結構います。
また、当時は身分違いの結婚は許されず、とくにパプスブルグ家のような一族では表だっては認められません。しかし、何組かはその困難を乗り越え、秘密結婚をしたり、相続権を放棄してまでも愛を貫き、時間をかけて認めてもらったり、その人一人をずっと愛し続け、お互いを大切に思い暮らしたというロマンチックなお話もあります。
ヨーロッパの人って情熱的ですね。

すべての結婚が幸せだったわけではなく中には不幸な結婚、結末であったものもあります。このハプスブルク愛の物語 悲しみの迷宮 ジクリト=マリア グレーシング (著), Sigrid‐Maria Gr¨ossing (原著), 江村 洋 (翻訳)
は、その部分の6話が納められています。愛しすぎていたため不幸に、、というのもあります。この2冊を読むと、15世紀から第一次世界大戦が終わる20世紀初頭までのパプスブルグ家にまつわるエピソードが分かります。
2冊とも歴史的な事、政治的な事は多くとりあげず、パプスブルグ家の人々にまつわる恋、愛、夫婦、、、が物語風に描かれています。
当時の婚礼、しきたり、、王宮での生活、、領土をひろげるために皇帝(国王)自ら指揮をとり戦場へ、、など。。も
 

私はおもしろく読めました。似たよう名前が出てくるのと、長い時代の流れがあるので、何回も読み直して関係が理解できたという感じです。
恋愛小説はほとんど読みませんが、これだと、恋の話、実際にあった物語、、となりますね


他にも当時の歴史書みたいなのも読みましたが、それは中座してしまいました。
このパプスブルク家の人々に興味を持った、、と言うことです。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

masa 

メッセージ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ